愛知県名古屋市の通信制高校卒業サポートのフリースクール 高認・大検取得のための予備校 不登校対応

ゆいまーるはここが違う!

ゆいまーるはここが違う!

通信制高校やサポート校は、少々特殊な性質のある学校だということをぜひご理解ください。「少々特殊な性質」というのは、近年の通信制高校やサポート校は全日制高校に通学しづらい、またはできない生徒たちがほとんどになっているからです。

「通学しづらい、またはできない生徒」の中には、非行などの問題を起こして学校にいられなくなった生徒と、比較的内向的でまじめなために通学がつらくなった生徒がいます

こうしたまったくタイプの違う生徒が、同じ不登校ということで、通信制高校に入学し、サポート校に通っているわけです。

毎日通学するタイプのサポート校では、このタイプの違う生徒が一緒に生活することになります。

通信制高校・サポート校の最大の問題、それは、タイプの大きく異なる生徒が同居してしまうことです。

二つの生徒のタイプ

非行タイプの生徒にとっては、あまり問題ではないかも知れません。校則が厳しくない分、より自由に生活できます。(入学する前に何が許されて何が許されないか、率直に聞いてみましょう。)

しかし、まじめタイプの生徒にしていたらどうでしょうか。
せっかく荒々しい教室から逃げ出せたのに、場合によっては、より過酷な環境に身を置くことになってしまいます。

しかも、非行タイプの生徒により、様々な問題が起こります。

暴力、イジメ、窃盗、喫煙、飲酒、ギャンブル、妊娠、授業妨害、夜間外出、風俗業のアルバイト、威圧的なファッション、・・・

その結果、どうしてもまじめタイプの生徒が、非行タイプの生徒に押されて、出席しづらくなってしまいます

中には、影響されて、みるみる非行タイプに変わっていくまじめな生徒もいます。

また、職員は非行タイプの生徒の対処や、やったことの後始末に精一杯になります。

どうしてもまじめタイプの生徒はおざなりにされてしまいます

この教室は、まじめタイプの生徒が決してがんばれる環境ではないのです。

不登校ぎみのまじめな生徒にとっては、通う努力はとても難しい環境です。

通信制高校最大の問題

どの通信制高校もサポート校も、非行タイプの生徒もまじめタイプの生徒も受け入れますし、非行タイプの生徒はまじめタイプの生徒が隣にいても困りません。

まじめタイプの生徒は、非行タイプの生徒がいたらどうでしょう?

一人でもいれば、大変な精神的な圧迫になります。

そこで、ゆいまーる学園では、まじめタイプの生徒だけを担当することにしました。

まじめなタイプががんばれる

さて、今これを読んでいるあなたは、どちらのタイプですか。

学校を休んでいる[休んでいた]自分はまじめではない、と思っていませんか。

それは、休むことは良くないと思っているから、というわけですから、まじめな考え方をしているのです。

何か事情があったから、学校に行けなくなったはずですね。

まじめタイプか、まじめ過ぎるタイプのことはあっても、非行タイプではありません。

ゆいまーる学園は、そういう人ががんばれる、そういう人を応援するサポート校です。

学園の校則を見て該当する項目がなければ、まじめタイプです。   → 学園の校則

教室


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional