愛知県名古屋市の通信制高校卒業サポートのフリースクール 高認・大検取得のための予備校 不登校対応

中京テレビで紹介されました。

中京テレビで紹介されました。

今日28日の午後4時くらいからの中京テレビの番組「キャッチ」で、ゆいまーる学園が紹介されました。

これまで、何度もテレビ局から取材のお話はいただいたのですが、基本的には生徒の個人情報が守られるのか心配が先に立って、お断りしていました。
しかし、あまりに辛いニュースがこの近辺でも続いたので、僕も少し心境に変化がありました。
簡単に言うと、たった今苦しんでいる生徒たちにマスメディアで訴えたい、そんな気持ちです。
それからも連絡があったのですが、テレビとしては生徒のインタビューをしたいわけです。
なかなか出たい生徒はいませんから、お断りしましたが、今回はN君が出てもいいというので、取材OKということになりました。

それにしても、やはり恥ずかしいですね。
この顔が出て、何万人?に見られるのかな、などと思うと。
しかし、N君ががんばるのに、自分もがんばらなきゃ、などと思ってやりました。
そういうわけで、緊張して思っていたことはほとんど何も話せませんでしたが、ほんの少しフリースクールというものが、世に知られたのであれば、それでよかったんだと思っています。

中京テレビの担当の方は、学園の事情や考え方も考慮しながら取材しようという姿勢で、好感が持てました。
N君にも佐合にも上手にインタビューしてくれたと思っています。

ところで、番組を見てちょっと違和感があったことが2つあります。
一つは、フリースクールに行くと中学校を卒業できる、というように話していた点です。中学校に入学して3年経てば誰でも卒業できるわけなので、少々言い方が違うような気がしました。担当者さんにはそう言ったんですけどね。

もう一つは、話の流れの上で仕方ないのですが、フリースクールにはいじめられた生徒ばかりが集まっているという印象を与えてしまうことです。それは事実とはかなり違うんです。半数よりずっと少ないですから。

すぐに大きな流れにはならないのはわかっていますが、名古屋大学の先生が言っていた「戦う必要はない」、佐合の言い方だと「逃げ道を作る」ということが、フリースクールだけではなくもっと制度化されるようにと心から願っています。

独り言・・・ASKAのニュースでボツされなくてよかった!

コメント


認証コード9156

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional