愛知県名古屋市の通信制高校卒業サポートのフリースクール 高認・大検取得のための予備校 不登校対応

「透明なゆりかご」を見ました。

「透明なゆりかご」を見ました。

最後のサイエンスの授業を担当させてもらいました。
科学の最も大きなミステリーであり、みんなの関心事の一つが、生命の誕生ですね。

今回は、人間社会の中でのそれをドラマという形で描いた「透明なゆりかご」という作品を生徒と一緒に見ました。

産婦人科のおめでたという光の方だけでなく、普段隠されている影の方も次々に登場します。

各場面の中で、生命の誕生と同時に母親の気持ち、夫の気持ち、産科医の気持ち、看護師の気持ち、人の死まで、丁寧に描ききっています。

個人的にはまれに見る傑作だと思っていたら、やはり数々の賞を獲得しているそうです。

何と言っても、緊張感がたまらない、ドキドキ感さえあります。

見終わった生徒たちもしばらく何も話せず沈黙が続き、衝撃が強かったことを感じました。

生徒たちに命の大切さを伝えることも、性教育をすることも、このドラマをみるだけで、もう大丈夫、なんて思わせてくれます。
マイナスの影響の可能性ももちろんもあると思いますが、プラスの方がずっとあると思って取り上げました。

全10話ある中の一つを取り上げて見たのですが、他の回については中学生には少し早いのかなと感じているので、
個人の責任のもとで見るように言いました。

この機会に親子、家族で、生まれた時のことについて話してもらえるとうれしいと思います。

コメント


認証コード3951

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional