愛知県名古屋市の通信制高校卒業サポートのフリースクール 高認・大検取得のための予備校 不登校対応

Zoomを使ってみんなで楽しみました。

Zoomを使ってみんなで楽しみました。

今週は、Zoomを使ってオンラインで楽しいことをしてみようとやってみました。

初めてのことなので、企画段階から始めます。

何ができるかトライ!トライ!

まずは下調べをしました。「Zoom 遊ぶ」などと検索して探してみると、
もうすでに遊び方を紹介するサイトがいくつかあるんですね。

(この中のサイトで筋肉体操を紹介していますが、だから筋肉体操を行ったわけではなく、その前からやろうと思っていたんですよ!)

人狼もできるんですね。はまっている人も多いようです。

それ以外は、うーん、今一つパッとしません。

たまたまちょうどその時、深夜テレビ番組で、バナナマンの日村と大学生たちがZoomを使って遊んでいました。
家にあるものをカメラの前に持ってくるというしりとり。くだらないかと思ったら、なかなかうまくつながっていって、驚きました。

でも、苦し紛れに「□□な△△」というずるい答えが登場します。
ゆいまーるの中高生はそういうことはしませんので、きっと苦しくなってきてしまうので、これは却下。

「酔っぱらっているふりをして言いたいことをいう」
ということもやっていましたが、酔っぱらうのがよくわからないはずです。というわけで、これも却下。

Zoomをいろいろ触っていると、たまたま仮装背景の背景色を変えられることがわかりました。
あちこち変えると、その色によりいろいろなところが背景になります。

で、本来はしてはいけない「自分の顔」を背景色にしてしまいました!!!

すると、こんなふうになります。 一人で爆笑!

自分を背景にしたとき

おもしろい画像が現れます。

さらに、自分の顔でうしろのものが隠れます。 

そうです。背景と人物が逆転して、仮装背景が主役になることを発見してしまいました。

ん? これもしかしたら、遊べるかも。

そうしてできたのが、「Zoomでワッツディス?」というゲームです。

自信はありましたが、中学生のH君に「最新的」などと驚いてもらったので、なかなかの企画ができたと思います。

そういうわけで、世のみんなにやってもらいたいと思うので、別記事にやり方を書きました。

ほかにも、
〇絵しりとりで練習してから、お絵描き伝言ゲーム
  (アプリがないから伝言は1回だけ)
  時間制限の中、協力してなかなかいい作品ができたと思いますよ。
  全員マウスでしたからね。

レモン

森

〇筋肉体操
  姿は見えないけど、みんなそれぞれがんばっていたようです。

〇リーダーは誰だ?
  リーダーのジェスチャーをほかの人が真似をして、
  オニがリーダーを当てるゲーム
  小さな画面の中でジェスチャーをしないといけないので、
  その点は寂しいです。
  すぐばれてしまうかと思ったら、これがなかなか成り立っ
  たんです。視線がわからないで、実際にやるのより難しい
  のかもしれません。

どれも成り立って、おもしろかったと思います。

コメント


認証コード3676

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional