愛知県名古屋市の通信制高校卒業サポートのフリースクール 高認・大検取得のための予備校 不登校対応

入学式

入学式

今年の入学式・始業式もやや抑え気味で行いましたが、暖かくほどよい風が吹く中でしたので、感染のリスクもそんなに気にすることもなく行えました。(それにしても、暖かくなるのが早過ぎる気がします!)

入学式の挨拶では、成人年齢が18歳になったことを取り上げました。

このことを最初は軽く考えていましたが、
成年年齢は
「一人で契約をすることができる年齢」
という意味と、
「父母の親権に服さなくなる年齢」
という意味がある、ということなので、
これは大変なことだと言えます。
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201808/2.html#section003

18歳で、人生を左右する大きな契約をして、取り消しができないことにもなります。
売買、結婚、マスメディアやインターネットで有名になること、など取り返しがつかないこともあります。
悪質な業者が18歳19歳を狙い撃ちしようとしていることは明らかです。



では、どんなことを考えたらいいのでしょうか。

これまで以上に大切になるのが、「判断力」だよー、という話をしました。

(この先はホームルームで)
判断力を持つにはどうしたらいいのか。

生徒にも考えて貰いました。

調べる、検索する、知識を増やす・・・

相談する

そうですよね。一人で判断しないことが大切です。
法律が変わったって、急に大人になれるわけがありません。
さらに、20歳でも30歳になっても、大切なことは自分だけの判断力を過信すべきではありません。

僕がホームルームで話したのは・・・
いっそのこと、失敗する、というのもあります。

悪質なセールスでも18歳19歳が支払えると考える設定は、せいぜい数十万円でしょう。

これからもっと大きな買い物、詐欺に会うことを考えたときに、これは安くはないが、授業料としては高くない、ということも言えると思います。



むしろ恐いのは、有名になることの方で、契約してテレビやウェブに登場し、インターネットでマイナス方向の内容で拡散されると、
なかなか消えない、消せないということが言われています。

これは「忘れられる権利」と言われ問題にもなっています。



正直なところ、やはり20歳のままの方が良かったと感じています。

コメント


認証コード4077

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional