愛知県名古屋市の通信制高校卒業サポートのフリースクール 高認・大検取得のための予備校 不登校対応

検定が通った小学校の英語の教科書

検定が通った小学校の英語の教科書

最近のニュースによると、
来年4月から小学校5年生から、本格的に「英語」が教科として行われるそうです。

そのこと自体は、もう随分前から決まっていましたが、
今回は、その教科書が発表されたというニュースでした。

その教科書に、本当に驚愕です。

ニュースですから、マスコミですから、
象徴的な面を強調して見せるのですが、
それにしても、以下は明らかです。

〇delicious Colosseum などこれまで小学校や中1で覚えることのなかった単語が登場!
〇小学校だけで、600語以上の英単語を覚えさせる方針!
〇過去形も登場!

Colosseumなんて単語使わないし、しかも「書く」という技能も必要になります。

過去形と言えば、現在中学校2年生が中心。
それを、小学校でやってしまうんですね。

教科書は、文部科学省の指導要領に基づいて製作されるため、
文部科学省の方針に沿ったものになります。
そして、その方針に従ったものということで検定が合格した教科書ということになります。

なぜ小学校でここまでやろうとするのか、少し説明してもらえないと、やはり理解が難しいです。

専門家が言っていたように、英語嫌いが増えるんじゃないんですかね。

アメリカの小学校でやっているフォニックス(単語の読み方)をやった方がいい、と僕は切実に思います。

コメント

  • 可哀想

    俺みたいな人が増えないといいなーなんてw


  • 英語嫌い?

    晴くん、まだ英語嫌いだったっけ?

    高校生は、嫌いでもやらなきゃいけないからつらいですね。



認証コード6546

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional